くさやは新島で決まり、やっぱり、ひもの

明日葉について”

学名:Angelica keiskei 花期:春〜秋
伊豆七島,小笠原諸島の海岸に多い多年草です,アシタバ(明日葉)はセリ科の多年草で、食物繊維、カルシウム、カリウム、鉄などを豊富に含有、アシタバ特有の黄色い色素であるカルコン類も含んでいます。今日摘んでも明日芽を出すという生命力の強さから明日葉と呼ばれています。海に近い砂地になどにも根をおろす明日葉は生きる場所を選ばずその高さは1メートルを超えるものもあり茎は太く 葉は大きく光沢がある強い生命力を持つ植物です。

                                                  くさやトップ







明日葉

新島の明日葉の栽培畑
明日葉カルコン 明日葉には、「カルコン」という明日葉特有の重要な成分が含まれています。葉や茎を切ったときににじみ出る黄色い汁は、抗菌作用をもつ「カルコン」と「クマリン」という成分が含まれている。これらの成分にはさまざまなはたらきがあることがわかっている。「黄色色素カルコン」は「フラボノイド」の一種で、抗菌、抗酸化作用をもっているといわれている。食用の植物に見られるのは非常にまれである。また、クマリンはセリ科の植物に多く含まれる香りの化合物で、抗菌作用などが知られている。
カルコンにはいろいろな作用があります。
たとえば、胃酸の分泌を抑え潰瘍を鎮める作用、アレルギーを抑える作用など。 明日葉のカルコンには実際に胃酸の分泌を抑える作用や強い抗菌作用があることがわかりました。 カルコンには、このほかにも、発がんを促進させる物質を抑える作用、血液の粘着や凝固を抑えて血栓ができるのを抑える作用などがあることもわかっています。これらのカルコン類は、明日葉には多量に含まれますが、他の植物にはほとんど含まれない明日葉の特徴的な成分です。
カルコンが強い抑制力を持っていて、ヒスタミンの遊離を約90パーセント阻害している。 この結果から、明日葉の黄色い汁には、じんましんやアレルギー性鼻炎などに対しても効果が期待できると言うわけです。










明日葉は伊豆七島に多く分布しておりますが、新島では色々な種類が見られます。

明日葉 根元から葉の先まで緑色

この種は八丈島、三宅島に分布する種で苦味が無く多く栽培されています。スーパーや販売店で売っている明日葉は全てこの種です。新島の栽培もこの種を植えております。
明日葉 根元から茎にかけてややピンク色の種

これは新島の自生種ですが、自生地は限られた範囲にしかありません。少ない種です。
明日葉 根元から茎にかけてやや赤色の種

これも新島の自生種ですが、新島全般多く分布しています。 栽培種よりカルコンが多く、濃くそのかわり苦味があります。
明日葉 根元から茎、葉の根元にかけてやや茶色の種

これも新島の自生種ですが、新島全般多く分布しています。 栽培種よりカルコンが多く、濃くそのかわり苦味があります。
地元では新芽は一般的に食されております。
新芽は色が緑色で苦味はありません。
明日葉 根元が赤色、茎、葉の根元にかけてやや茶色の種

これも新島の自生種ですが、少なめです。
見ての通り、根元は真っ赤で、茎元よりカルコンを噴出しています。カルコンが多く含まれる種と言えるとおもいます。

明日葉の効能
明日葉のカルコンには、黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌など、化膿性炎症の原因となる化膿菌に対して抗菌作用があることが認められまたルテウス菌に対しては、市販の抗生物質と同じくらいに強い効果が認められています。明日葉が皮膚病に効果があることが実証したと言える訳です。
明日葉のカルコンには、血管を拡張して血行をよくする働きがあり、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などの病気は、血管が詰まって血の流れが悪くなることで起こります、明日葉を食べていれば、これらの病気を予防する効果が大いに期待できると思います。
明日葉に含まれる成分カルコンが、 がん 、脳梗塞、脳血栓、心筋梗塞高血圧症に効果を発揮することは、すでに科学的に証明されています。 そのほかにも、明日葉の食効として、 肝機能の回復 、コレステロール値の低下、血糖値の低下、といったものが知られていて、現在、科学的な解明に向け研究が進められています。

がんと明日葉
固有種の自生地


明日葉トップヘ

くさやトップ | くさや焼き物 | くさや焼き物セット | くさや焼き物珍味 | 焼きくさや箱 | 焼きくさや瓶詰

焼きくさや詰め合わせ | 島唐辛子 | 海藻類 | 特産品瓶詰め | 多々喜(郷土料理) | 金目鯛塩干し

くさやの老舗が三百年の技で造る、本物の味をご賞味(C)1999 くさやの新島みや藤が干物、島唐辛子を産地直送でお届け