くさや干物は新島 みや藤

         新島の民話             くさや本舗くさやの新島みや藤
くさやひもの新島みや藤

”くさや”新島 みや藤から新島四方山話を”

                                             
                                              くさやトップ    新島四方山話へ

羽伏浦の法界衆

戦後まもない頃、山番のおじいさんに聞いた話です。

沖ん山を廻って、羽伏の海岸に出て一服していた。天気は梅雨時でもあり曇り模様でどんよりした日でした。

ボンヤリと沖の方を見ていると、渚から丘の方に向かって歩いて来る人がいます。

自分の方に向かって来るようだが、顔がはっきりしない。

蓑をかぶっているようだが、四、五間先で立ち止まったので「ヤーイ」と声をかけたが返事が無い。

すると瞬きする間に海の向こうに消えてしまいました。

爺さんは、これは海の法界衆だと言い、明くる日に線香と団子をその場所の祀ったそうです。


ページ先頭へ

くさやトップ | くさや焼き物 | くさや焼き物セット | くさや超生干し | 焼きくさや箱 | 焼きくさや瓶詰

  焼きくさや詰め合わせ | 島唐辛子 | 海藻類 | 特産品瓶詰め | 多々喜(郷土料理) | 金目鯛塩干し

      新島くさや、老舗が三百年の技で造る本物の味をご賞味!(C)1999

くさや新島みや藤がひもの、岩のり等特産品を産地直送でお届け