くさや干物は新島 みや藤

         新島の民話             くさや本舗くさや新島みや藤
くさやは新島みや藤

くさや新島みや藤から、新島四方山話を”

                                             
                                              くさやトップ    新島四方山話へ

海難法師(かんなんぼうし) 


新島では1月24日の夕方になると、早目に家の雨戸を閉め、

入り口近くの隙間や節穴にトベラの小枝を差し、大声など慎んで静かに早寝します。

夜更けになると「かんなんぼうし」が通る。

もしも出会えば凶事が起きると恐れられ、家の外に出ることを禁じて翌朝まで家中慎んで

一夜を明かすのです。これが「親だまり」です。

次の25日は「子だまり」で、子供を中心に同じようにこの行事が行われます。

昔、代官が大島から新島に渡る途中の海上で船が沈み代官が溺死しましたが、

その霊を悼む鎮魂の行事のようで、一説には悪代官が大島を視察し新島へ渡るとき、

大島の泉津から船を出したが土地の若者数十名で、この悪代官が各島に立ち寄ったのでは

各島の人たちが難儀をして気の毒だと言って、船の栓を抜いて水船にし、

沈没させて代官とともに若者たちも死んだと言われています。

新島ではこの代官の悪霊を恐れて24日の夕方から翌朝まで静かに夜を明かします。

代官の宿であった本村の前田七兵衛氏および山下仁左衛門氏宅では、

祠を設けて霊をまつり当夜は近親者も集まって今でも無言の行をします。

この行事の起源は明らかではありませんが、代官達が溺死してから凶事が続いたので、

その霊の祟りを恐れての慰霊の行事であると伝えられています。



ページ先頭へ

くさやトップ | くさや焼き物 | くさや焼き物セット | くさや超生干し | 焼きくさや箱 | 焼きくさや瓶詰

  焼きくさや詰め合わせ | 島唐辛子 | 海藻類 | 特産品瓶詰め | 多々喜(郷土料理) | 金目鯛塩干し

新島くさや三百年の技で造る本物の味をご賞味!(C)1999

くさや新島みや藤特産品を、産地直送でお届け