くさや干物は、新島みや藤

         新島の民話             くさや本舗くさや新島みや藤
くさや、新島

くさや新島みや藤から”新島四方山話を”

                                             
                                              くさやトップ    新島四方山話へ

おろち退治

箱根の湖の畔に三百七十歳になる翁と姥が住んでいました。

翁には三人の娘がありました。翁は、いつもいつも湖に出て釣りをして暮らしていましたが、

ある時魚が一匹も釣れなくなってしまいました。 

途方に暮れた翁は、船べりに伏し「もし、湖の主にお願い致します。この船一杯の魚を与えてくれるならば、

私の三人の娘のうち、一番美しい娘を差し上げましょう」と申しました。

やや久しくして、十七、八位の男がどこからともなく船端に現れて

「願い事は叶えてあげよう」といいかき消すように去ってしまいました。

しばらくすると、船の中に小さな魚がひらひらと飛び込んで、たちまちのうち船一杯になってしまいました。

翁は恐ろしくなり家に戻ろうとすると、その時、水の底から「約束した娘を二、三日したらもらいに行く」と

呼ぶ声がしました翁は家に戻りましたが、どうして良いか分からず心配の余り打ちしおれてしまいました。

それを見た姥と娘たちが何をそんなに心配するのかと尋ねますと、こう話しました。

きょうは一日中釣りをしていたが一向に魚が釣れず、船縁で「この船に魚を一杯与えてくれれば、

私の娘の中のご所望の娘をさしあげましょう」というと、たちまちのうちに船一杯の魚をくれたが、

水の底から声がして「娘をくれ」と言われ、恐ろしさの余りこうしているのだと話しました。

姥も娘たちもそんな馬鹿な話がありますか心配する事はありませんと言いましたが、翁は心配でなりません。

そこで三人の娘は翁にこう言いました。 もし約束の人が来ましたら三人の娘は後の家におりますと言って下さい。

私達は後ろに家を作って隠れております。

三日目、湖の主が来ました。 翁が後の家に居ることを告げると、その家に行きました。

娘が翁の申した人かと問いますとそうだと答えます。

娘は恐ろしさの余り、どうして良いのか迷いましたが、鳩に姿を変えて富士の頂上に飛んで行きました。

湖の主の大蛇は怒って、二人の娘を捕らえようとしましたが、二人の娘も鳩になって

何処かに飛んで行ってしまいました。

大蛇はいよいよ怒って三人の娘をよこせと翁に言い寄りましたが、翁は約束だから一人は差し上げるが、

後の二人はやるわけに行かないと怒ると、大蛇は約束成れば致しかたないと富士の頂上目指して

帰って行きました。

鳩になって逃げた娘は、富士の絶頂の岩の中に隠れていました。

丁度富士の頂上にいた大明神がこの姫君を見つけ、あなたはどなたかと尋ねました。

私は箱根の湖の畔に住む、かきの王子と申す者の娘でございます。

父は唐土にいる時は八大執金剛童子と申しましたが、地神五代、天津ひこ背穂祢宣命の時この国に渡り、

地神の遺言により天地命と申し、母は斯羅奈国の王の三女で、父は三百七十歳、母御前も三百七十歳で

ございます。

ある時、父が湖に出て漁をしていましたが魚が一匹も取れなくなり、なんとなく「この船魚を一杯入れてくれ、

さすれば我が娘三人のうち、いずれか美しい娘をくれてやろうものを」とつぶやくと、

水神がこれを聞いて、さればと魚を一杯取らせました。

それゆえに大蛇が約束だといい襲って来ましたので、ここに飛んで逃げて参りましたが、

まもなく水神がここに追って来るでしょう。と申し上げますと、大明神は私の言うとおりにして、

しばらくここで待ちなさいと申しました。

やがて大蛇は富士の頂上に上がって来ました。 

そこで二人は大島に飛んで行きました。 

大蛇もまた大島に襲って来ました。

二人は打ち連れて三宅島に飛び立ちました。 

この時、后が御蔵島に隠れておりましたが、これを見て、見る目、若宮にどうしたら良いかと

問いますと、島々の大勢の神々を集めて相談しました。

大きな穴を二つ掘り、一つには飯を、一つに酒をたたえ、大蛇が来たら見る目が出て、

飯も酒も多いにすすめて腹一杯にさせてしまう。

そして剣の宮に斬らせるよう支度をさせ、あたらし島の第三の王子をお供に付けましょうという事になりました。

御途口后は、それを見ようと伊ヵ谷の裏の石の影に隠れてそれを見ることにしました。

やがて大蛇は腹を立て御岳に昇って来ましたが、見る目はなだめながら、

まずは御飯とお酒を飲んでから行かれたらどうですかと勧めると、大蛇はかの穴に向かいました。 

支度は整っていましたので飯の主は飯を、酒の王子は酒を大いに勧めました。

その時、一番先に剣の命が切りつけました。 

二番目に第三の王子が切りつけました。 

三回目に第三の王子が切りはなつと、大蛇は切られた尾をふるい、

石の影から見ていた御途口の后の左の御目を打ちつぶしてしまいました。

大蛇を退治した王子達はそれぞれの島に帰りました。

さて、大明神は御岳に登り后を尋ねましたが、いくら探しても見つかりません。 

怒って見る目に探させました。

見る目がつつじの花の中から后を探して参りますと、大明神はなぜにそこに隠れていたのかと問いました。

后は蛇がいて大蛇とゆかりの蛇と思い恐ろしさのあまり紅梅の衣と、つつじの花と間違えるであろうと、

つつじの花の中に隠れていたと申し上げますと。 

大明神は「この島に、つつじあるとも花咲くべからず」と申し、蛇は后を怖けさせたと追い捨ててしまいました。

これも后を愛されての事でした。

(島々の縁起、前田本より採録)






ページ先頭へ

くさやトップ | くさや焼き物 | くさや焼き物セット | くさや超生干し | 焼きくさや箱 | 焼きくさや瓶詰

  焼きくさや詰め合わせ | 島唐辛子 | 海藻類 | 特産品瓶詰め | 多々喜(郷土料理) | 金目鯛塩干し

新島くさやの老舗が、三百年の技で造る本物の味を!(C)1999

くさや等特産品を