くさや干物は、新島みや藤

         新島の民話             くさや本舗くさや新島みや藤
くさや通販

くさや新島みや藤から”新島四方山話を”

                                             
                                              くさやトップ    新島四方山話へ

島造り

むかし、天竺に一人の王様がいました。

王様には八人の后がありましたが、その中に光生徳女という最愛の后がいました。

ある時、王様は光生徳女に「私はもう四十歳になるが、未だ世継ぎの王子がいない。

どうしたらよいだろう」といいました。后は「私は八日に生まれました。

それゆえ薬師様を信仰しています。薬師様にお願いしてみましょう」と言いすぐにおこもりしました。

三十七日経ってもなんのお印も無く、五十日目の夜、寅の刻に年六十余りの黒衣の老僧が現れ

水瓶を左の手に持ち 「今は天上の楽しみ盛んなり、そんなに苦しく責めなさんな、すべての子の種は

なけれども汝のことなればー」と金の笏を取らせて水瓶の水を竹の葉で三度左の手に入れて

「これは汝の子の命なり、ただし、子の王子七歳の時あさまじきことあらん」と告げて

かき消すように消えてしまいました。

后は、その時目が覚めてたいへん喜びました。 

月日が積もり翌年正月八日、立派な王子が生まれました。

王は大変喜んで「一大薬師」と名付け大事に育てました。

その後年月が経ち王子が七歳になった時、母君の光生徳女は亡くなってしまいました。

しかし王子は年とともに立派になり、そのお姿はほかに並ぶも人もない程でした。

ある日、立派になった王子がお堂で笙の笛を吹いていると、その姿を見た後の后はかの王子が

光生徳女の御子かとねたましくなり、よからぬ事を王に進言しついに

王子を天竺から追い出してしまいました。 

天竺を追われた王子は、先ず唐の国へ渡りました。唐の国は住みづらく高麗国に渡りましたが、 

ここも余り気に入らず、ついには日本の国に渡りました。

そして富士の頂上で富士のの明神に会い、今までの事を話ました。

「私は天竺の王子ですが、父王のお怒りを蒙り天竺を追い出されました。

唐の国に渡りましたが唐の国は住みづらく、高麗国に渡ってみましたが、ここも心止まらず、

承りますれば日本は明神の御地で光り輝くところ、宜しくお頼み申します」と話しますと、

富士の明神は「この国は小さな国です、もう住み参らせるところもありませんが、

あれに見える南の海に突き出た土地があります。そこでよけければ住みなさい」と言いました。

さらばとその地に下り大きな楠木のそばの石に腰掛け休んでいるうちに水を欲しくなりました。
 
そこらには水はありませんでしたが、そこらの様子を見て、

ここに水がある筈と左の足で地を踏むと水がこんこんと湧き出てきました。

その水で足を冷やし、あたりを見ていますと明神が現れて

「この土地は狭いから海中より地を焼きだして住むが良い。

ただし天竺に帰り王の許しを得てからにしなさい」と言いました。

ともかく王子は仰せのとうり天竺に帰り父王の許しを得る事にしました。

父王の許しを得て再び高麗の国から船をしつらえ、日本の国に向け筑紫の博多に着きました。

疲れ果てかたわらを見ると小さな社の前に柴の庵がありました。

そこに立ち寄りますと年老いた夫婦がいました。

王子は、「旅の者です疲れています、何か食べ物はございませんか」と乞うと、

姥は「何も蓄えがございません。

よそで探しください」といいました。

王子は再び「外に立ち寄る所もございません。

どんなものでもあればー」と頼みますと、姥はただ人とも思われず翁を呼びました。

翁は王子を一目見るなり、翁はこの人は薬師様の化身であろう。

どうぞ中にお入り下さい」と庵の中にいれました。

翁は、「ただいま何も差し上げるものがございません」と申し上げますと、

王子は、あれに見ゆる木の実をいただきたい」と申しました。

翁が、その木の実を葉の上に乗せ差し上げますと、「この木の実は何と申しますか」と尋ねました。

これは「タミと申します」と答えますと「大変美味しいものだ。

「わが住むところにも植えたい」と申しまして七粒の種をもらいその夜は翁の庵にとまりました。

翌朝、翁は夢のお告げの話をしました。

「殿は天竺の王子にあられます。」

東海の海の中に地を焼き出して住むお方で、殿の名は三島大明神と申されます。

「本当のお姿は薬師如来様でございます」翁は「私は天のこやねの尊と申します。」

このように三百二十になり今昔の有様も色々知っています。

私には三人の子があります。 二人は男、一人は女です。

男の一人を若宮と申し、正体は普賢菩薩です。もう一人の男子は剣といい不動明王です。

 女の子は見る目といい、正体は大弁財天で海龍王と申します。

されば海に行くとき、衆生を施すためにも彼等は神妙の者なれば三人ともお連れ下さい。

さてあれにある船が富士の裾野に行く船です。その船で行かれるがよい」といい四人を船に乗せました。

翁は「このところは丹波の国と後の世に申して下さい」とて、翁は柴の庵に帰って行きました。

四人は風に向かって船を走らせました。

やがて、おの岬というところに着きました。

 船を下りた四人は浦々を伝わって富士の明神に会いに行きました。

明神に会い仰せのごとく天竺に参り父王の許しを得た事、しかるべくは、この海中をお与え下さいと

申し上げますと、「やすきことです。これからは、この国の守護神になりなさい」ともうされました。 

王子は大いに喜び、見る目、若宮に「どうして島を焼きだしたがよいか」と尋ねました。

見る目は「若宮は火の神、水の神を連れて来て下さい。剣の宮は山の神、高根の大頭龍を初め、

大小の神々を集めて下さい」と申し三人はおのおの神々を集めました。 

そこで王子に申すには、「あなたも神になって私達に仕事を命じて下さい」という事で

王子は「大明神」になりました。

孝安天皇二十一年に島焼きが始まりました。 

神々達は詮議して、先ず龍神に海中に大きな石を三つ置かせ、火の神にこれを焼かせ 
一日一夜の間に島を一つ創りました。 

次には白浜に住む龍神が、海の底から石を取ってきて一ヶ所に積み上げ、火の神がこれを焼くと

また一つ島が出来上がりました。神々は、この島に集まり七日七夜で十の島を焼き出しました。

大明神は、この島々に名前をつけました。

一番目の島を「初め島」と名付け、この島にタミの木を植えました。(初島)

二番目の島は島焼きの神々の集まる島として「神集めの島」と名付けました。(神津島)

三番目の島は大きいゆえに「大島」と名付けました。(大島)

四番目の島は塩の泡を集めて焼き、色が白いので「新島」と名付けました。(新島)

五番目の島は家が三つ並んだ形に似ているので「三宅島」と名付けました。(三宅島)

六番目の島は大明神の倉を置くところとして「御蔵島」と名付けました。(御蔵島)

七番目の島は、遥か沖にあるので「沖の島」と名付けました。(八丈島)

八番目の島は小さき故に「小島」と名付けました。(八丈小島)

九番目の島は島の形がオウの花に似ているので「おうこ島」と名付けました。(青ヶ島)

十番目の島は「十島」と名付けました。(利島)


大明神はよくこの島々に遊びに通いました。

その中でも大島、三宅島、新島の三ヶ所には常に居るようになりました。

           (島々の縁起、前田本より採録)




ページ先頭へ

くさやトップ | くさや焼き物 | くさや焼き物セット | くさや超生干し | 焼きくさや箱 | 焼きくさや瓶詰

  焼きくさや詰め合わせ | 島唐辛子 | 海藻類 | 特産品瓶詰め | 多々喜(郷土料理) | 金目鯛塩干し

くさや老舗が三百年の技で造る、本物の味をご賞味!(C)1999

新島みや藤くさや